走錨に起因する海難事故防止等に係る注意喚起について

気象予報によると、27日の夕方から29日の朝にかけて、海上で最大瞬間風速18メートルの北寄りの風が吹く見込みです。

 過去、京浜港(横浜区・川崎区)においては、最大瞬間風速13メートル以上で走錨に起因する事故が多く発生していることから、在港錨泊船は、走錨による事故が多発している海域であることを踏まえ、走錨海難防止対策を徹底し、走錨の早期検知及び早期解消に努めてください。

1 最新の気象情報の入手に努めること。
2 在港錨泊船は、他船、陸岸及び灯標との十分な距離を確保し、VHF16チャンネルを常時聴守するとともに、船橋当直の増員配置、錨鎖の適切な伸出量の確保、要すれば機関のスタンバイ等を行い、厳重な走錨海難防止対策を講じること。
3 AIS装備船については、AISを常時作動させること。
4 自船及び他船の走錨監視等の常時適切な見張り励行に努めること。
5 万一に備え、タグボートの手配ができるよう連絡体制を確立すること。
6 係留船舶は、係留索の増強、保船要員の増員等を行い、十分な保船対策を講じること。

令和2年1月27日午前11時05分

寒冷前線の接近に伴う注意喚起について

気象情報によれば、明日(2日)、低気圧からのびる寒冷前線が関東甲信地方を通過するため、千葉港、館山港、白浜港及び内房沿岸では、明日の朝から昼過ぎにかけて南よりの風が強く吹き、波も高くなる見込みです。
 関係各位におかれましては、最新の気象情報に十分留意して、海難防止対策を行うとともに、連絡体制の確保を図るようにお願いいたします。
 また、関係船舶に対しては、以下の事項を遵守して適切な対応を講じるよう周知をお願いします。

1.最新の気象情報の入手に努めること。
2.錨泊船舶は、VHF16chを常時聴守するとともに、状況に応じ適時、適切に
  海上施設・船舶・陸岸との十分な距離の確保、船橋当直の常時配備、水深と
  気象状況に応じた錨泊方法、適切な錨鎖の伸出量、AISの常時作動、機関の
  スタンバイ等を行い、厳重な走錨対策を講じること。
3.係留船舶は係留索の増強、保船要員の確保等を行い、十分な保船対策を講じること。
4.万一に備え、タグボートの手配ができるよう連絡体制を確立すること。
5.沖出し避難が適切と判断される場合は、十分な時間的余裕をもって早期に避難すること。
6.船舶の係留強化作業は早めに実施するとともに、荒天時は、むやみに海岸、
  岸壁等に近付かないこと。

令和元年12月1日1800

9月22日のハゼ釣り大会の様子

 

9月22日 障がい者フィッシングサポート協会 ハゼ釣り大会!報告。
大会にご参加、サポートしていただいた方々、心より感謝致します。


8月初旬から準備を始め、大会日3日前までは、雨予報でしたが、予報が大きくハズレて晴れました。暴風で海は厳しかったですが、川のイベントで成立です。
遠くは長野県からご参加の加藤さん。都内から高速バスでご参加の野澤さん。
総勢21名による大会となりました。
予定では4艘の船での釣りでしたが、予報が悪く1艇は来られずに岸からの釣りに。
釣果は渋い中、各船の船長以外は全員安打となりました。
また、マリーナ横のイタリアンから、ランチボックスをデリバリーして皆でワイワイ食事も楽しめました。当初はピザ🍕とパスタ🍝の予定でしたが、おじさん達には食べきれないほどのボリューム弁当に。ホント美味しかったです。
船釣りチームが苦戦する中、岸釣りチームがたくさんハゼを釣りあげてくださり、なんとかハゼの唐揚げも成立です。ハゼを捌いてくださった方々ありがとうございました。
今回の詳しく内容はYouTubeにてご覧ください。
皆さまの暖かく、さりげなくサポートにここから感謝致します。
次回はシーバスなどを狙う大会を考えています。
またのご参加どうぞよろしくお願いします。
m(_ _)m

船の上からハゼ釣りをしませんか?

船の上からハゼ釣りをしませんか。

9月22日日曜日、荒天の場合は29日に。
バリアフリー船と、レンタル船2艘で木更津小櫃川でハゼ釣りをします。
船が苦手な方は岸からも釣れます。
釣り道具は用意します。ご自分のタックルでも。
ハゼ釣り大会として、ハゼの大きさで順位を決めます。
釣りの後はハゼの天ぷらを予定してます。
参加費用は一人保険代込みの1000円です。
朝8時に集合。9時から12時まで釣り。天候次第で予定は変更します。
当日は、ハゼをルアーで釣る!ハゼクラの第一人者 駒形聡さんをお迎えして、レクチャーを受けられます。
エサ釣り部門と、ハゼクラ部門それぞれの表彰とします。

レンタル船を操船してもらえる船舶免許を持っていて操船経験者の方を探しています。ご協力お願いします。

ハゼの天ぷら補助してくださる方もいらっしゃると助かります。

船釣りに興味あるけど、海は怖くてというた方も川の中で波も穏やかです。
川の上は水温が気温より低いので、涼しいです。
トイレはマリーナと、ボート桟橋にあります。
クーラーで冷えている休憩部屋もあります。
興味がある方は、駒形さん 深井さん
藤江まで連絡をお願いします。
定員20名の予定です。
シェアお願いします。

参加者の皆さんには当時詳細連絡を行います。
どうぞよろしくお願いします。
m(_ _)m

花火大会安全運航(木更津港)

木更津港において、本日(8月15日)(予備日16日)19:10から20:30(予定)まで花火打上げが実施されます。
 花火打上げ中においては、見張りがおろそかになることにより、他船や岸壁その他障害物への衝突、航行が認められていない区域への侵入等の事故が絶えません。そのほか遠方からの往路・復路において、浅瀬への乗揚げ、のり網への侵入等の事故が多く見られます。プレジャーボート等運航される皆様は、余裕をもった航海計画を立て、出港地から帰港地及びその周辺海域を十分調査のうえ運航されますよう、よろしくお願いします。

 木更津港の一部の区域においては、次のとおり一般船舶の航行及び停泊が禁止されます。事前に確認するようお願いします。
 航泊禁止期間:令和元年8月15日、19:00から花火打上げ終了し安全が確認されるまでの間(20:30予定)
        予備日:8月16日の同時刻
 航泊禁止区域:次の7地点及び陸岸により囲まれる区域
    (1) 内航フェリー波除堤先端標識灯(北緯35度23.04分 東経139度54.90分)
(2) (1)の点から354度350メートルの点(吾妻西防波堤灯台先端標識灯)
(3) (2)の点から288度300メートルの点(フロートフェンダー及び小型灯浮標)
(4) (3)の点から255度300メートルの点(小型灯浮標)
(5) (4)の点から173度550メートルの点(内航No.3灯浮標)
(6) (5)の点から90度200メートルの点(フロートフェンダー及び小型灯浮標)
(7) (6)の点から71度150メートルの点(鳥居崎海浜公園護岸北西端)

 区域を明示するため、灯付浮標(黄色4秒1閃光)及びフロートフェンダーが設置され、警戒船が配備されます。