花火大会安全運航

木更津港において、本日1900頃から2030(予定)まで木更津港まつり花火大会が開催されます。

花火大会観覧中においては、見張りがおろそかになることにより、他船や岸壁その他障害物への衝突、航行が認められてない区域への侵入等の事故が絶えません。そのほか遠方からの往路・復路において、浅瀬への乗揚げ、のり網への侵入等の事故が多く見られます。
プレジャーボート等運航される皆様は、余裕をもった航海計画を立て、出港地から帰港地及びその周辺海域を十分調査のうえ運航するようよろしくお願いします。

木更津港の一部の区域においては、次のとおり一般船舶の航泊が禁止されます。事前にご確認いただくようお願いします。

日 時:平成30年8月15日(予備日16日) 1900~花火打上げ終了まで(2030予定)
区 域:次の7地点及び陸岸により囲まれる区域
(1)北緯35度23分02.4秒 東経139度54分54.0秒
(2)北緯35度23分13.7秒 東経139度54分52.6秒
(3)北緯35度23分16.7秒 東経139度54分41.2秒
(4)北緯35度23分14.2秒 東経139度54分29.8秒
(5)北緯35度22分56.5秒 東経139度54分32.4秒
(6)北緯35度22分56.5秒 東経139度54分40.3秒
(7)北緯35度22分58.1秒 東経139度54分46.0秒
備 考:花火大会に伴う一般船舶の航泊禁止
区域明示用の赤旗及び灯付浮標(黄色4秒1閃光)設置
警戒船配備

海の事故ゼロキャンペーン

海上保安庁では7月16日~31日までの間、海上安全教室などを通じて、海難防止について感心を深めていただき、海難の未然防止を図るため「海の事故ゼロキャンペーン」を実施しています。 全国各地で、海上安全教室、巡視船の体験航海・展示訓練等が実施されていますので是非ご参加ください。

走錨注意情報

気象情報によれば、気圧の傾きが急となることの影響により、東京湾では、南寄りの風が強くなる見込みです。千葉港・木更津港及び館山湾並びに同周辺海域に錨泊中の船舶は、機関をスタンバイするなどの走錨防止対策をとるとともに、情報連絡のためVHF16チャンネルの継続聴守と、AIS搭載船舶にあっては、AISの作動を維持して下さい。